tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

呑み記043「盛岡シネマ横丁『埋み火』という至福の空間で本格焼酎と焼き鳥を満喫する」

仄暗い闇夜に浮かぶ赤提灯

盛岡の中心市街地ど真ん中にある映画館通の北側、中央通との合流地点少し手前に、雑居ビルの隙間を西側(JR盛岡駅方面)へ抜ける細い通りがあり、通称「シネマ横丁」と呼ばれている。

 

映画館通から西へ向かい、人気酒場「左近」のある通りにぶつかる少し手前に「埋み火(うずみび)」という隠れ家的な焼き鳥店がある。

18時30分開店のその時に足を運ぶと、晩秋11月末の冷えた風に吹かれながら、開店を待つ人の列。最後尾に並び、店内へ進む。

uzumibi.owst.jp

tabelog.com

地下へと続く階段

思い鉄の扉を押すと、真っ黒な階段が地下へと向かって続いており、さらに奥には店内へ続く入り口がある。

聞くところによると、かつてこの場所はクラブがあったらしく、そのため防音対策として地下へ店を配置した、ということのようだ。

「さつま寿」と小鉢(ナメコおろし)

予約している、と告げるとカウンター席へ通される。店内は鰻の寝所のように奥へ細長く、一番奥にはDJブース、その少し手前に6人ほど座れそうなテーブル席、L字のカウンターとなっており、15人も入れば一杯になりそうな比較的狭い店内。

 

最初の一杯は、外が寒かったので「さつま寿」の湯割りをいただく。焼酎はレギュラー品がすべて350円と非常にリーズナブル。

芋は「さつま寿」、麦は「万年星」、黒糖「満月」、泡盛「春雨」、甲類に「キンミヤ」とツボを押さえた品揃え。加えて、「百年の孤独」もある(こちらは670円とかだったか)。

品書き(一部)

料理は「おまかせコース2,200円」を注文。その一品目としてまずはナメコおろしが出され、鶉の卵の黄身をよく混ぜていただく。

「さつま寿」は大好きな銘柄。白麹で造られた柔らかな味わいと香りの銘酒。

 

ちなみに「埋み火」は2020年からこの場所で営業しているが、その前は桜山にて「サッコ食堂」という屋号の繁盛店だった。

tabelog.com

お通しキャベツ

コースの焼き鳥(もも肉)と小鉢(手羽先)

葱間

レバー

鶏皮

最後の小鉢(ゆし豆腐)

ということで、「さつま寿」の湯割りに続き、焼き芋焼酎「蛍燈(ほたるび)」湯割り、黒糖焼酎「満月」の氷なしの5:5の水割り、「春雨」のオン・ザ・ロックスと呑み進めながら焼き鳥と小鉢をいただいた。

焼き鳥は丁寧に焼かれて絶妙な加減、かつポーション大きめで食べ応え十分。薬味にも凝っていて、一串一串新鮮な味わい。

 

太田和彦さんの本を読みながら

それしても元クラブだけあって音響が素晴らしい。音圧が心地良く、流れる音楽にリラックスさせられる。持ってきた古い本を読みながら酒を呑み、肴をつまむ。カウター席に独り盃を傾けながら、静かに豊かな時を過ごす。

いい空間、いい酒場だ。

 

会計をすると4,000円とちょっと。音が素晴らしいですね、と帰り際に店員に話すと「ありがとうございます。でも、ここも残り一ヶ月で終わりなんです」とのこと。

なんでも、ビルのオーナーの以降で店舗を続けられるなくなるとかで、移転先を探しているところだという。

 

「同じような音が出せる物件がみつかるといいのですが」

 

そう言って残念そうな店員の言葉に合わせ、店主が「店のインスタやってるんでフォローしていただければ、これからのことをおわかりいただけるかと」と声をかけてきた。

 

そうですか、ごちそうさまでした、と言って店を出た。

来たときに通った階段を昇り外に出ると、ますます夜風は冷たくなっていた。

 

いい独り呑みになったが、この落ち着ける空間がなくなってしまうのは、とても残念に思えた。

仲間たちと鮨を喰いにいったらすごい刺し盛りが出された件。

乾杯に出てきたスゴい刺し盛り

コロナでしばらくお休みしていましたが、地元商店街の仲間たちと月に1回ぐらい1時間程度の勉強会みたいなのを開いてて、この日は久しぶりの勉強会でした。

20時くらいから近くの鮨店「鮨 一八」さんへ。地元で「いっぱち」といえば誰もが知っている有名店で、まあ、何度お邪魔してもハズレのない名店です。

tabelog.com

 

いわゆる高級鮨店ではなく、地元志向の大衆鮨店ですので、一人5,000円もあれば満足することができる良心的な店です。

さて、この日は座敷をお借りして、まずは生ビールで乾杯すると、「お待たせしました〜」と見事としか言いようのない刺し盛りが出されます。

 

目移りしちゃうとはまさにこのこと、鮪三点、貝類(帆立、北寄、赤貝、ツブ)、青物(鰯、鯵)、鮃、鰤、茹で蛸、鯣烏賊、そして玉子と最強・最高の刺し盛りです(なお、これで四人前という 笑)。

すかさずビールから「雪の茅舎 山廃純米」を一升瓶でもらい、仲間たちとぐいぐい呑ります。

〆の握り

途中、一升瓶で「陸奥八仙 特別純米」を追加でもらい、煮魚で真鯛も出されていい具合に酔ってきたところに、〆で鮪づくしの握りと鉄火巻き・筋子巻きです(これも四人前)。

いやー、われわれの合言葉は、「お残し厳禁ですよ」ですから、もう腹がぱんぱんになるまで刺身と鮨を喰らいました。近所の鮨店「一八」さん、恐るべしです。

 

ではでは。

東京出張が入りまして。

今年最後になるであろう出張は、東京になりました。

当初、わたしは行く予定ではなかったのですが、急遽「キミも東京に付いてきたまえ」という上司からの鶴の一声で、そんなことになりました。

 

東京へは今年すでに二回出かけており、このコロナ禍でも年に三回の東京ということになります。

tabi-ki.hatenablog.com

tabi-ki.hatenablog.com

 

まあ、上司と一緒の出張ですから、好き勝手な行動はできないでしょうが、それなりに愉しめたらいいなあと思ってるこの頃でございます。

新幹線とお宿の手配もしなきゃならんですな。

 

ではでは。

寒い北国。エアコンの遠隔操作が必須の季節になりました。

便利なことこの上ない

北国・盛岡は朝の最低気温が零度近くまで下がる寒い季節になってまいりました。ありがたいことに築浅のマンションに住んでるので、それでも室温は朝一番で18度くらい保たれてるので、「寒くて布団から出たくない〜」みたいなことはまだないのですが、それでも肌寒いので、まずは20度に設定したエアコンのスイッチを入れてしまうわけです。

 

窓が南向きなので昼間に陽光が入り込み、夕方は22〜23度くらいの室温なので、まだ熱燗のお世話にならずに冷たい酒を呑める環境ではあります。

 

で、我が家、一部スマートホーム化してますんで、スマートリモコンで外出先からエアコンの操作ができるのが冬場嬉しいのです。

エアコンの切り忘れも外からスイッチオフできますし、誰もいない自宅に帰る真冬の夕方などは、帰宅30分前とかにスイッチオンしておいて、部屋を温めておくということもできてしまいます。

いやーー、スマート家電は便利!

 

ちなみにスマートスピーカーとも連携させてますので、自宅では声でスマート家電を操作するのも可能です。ま、主にエアコンとテレビなんですけどもね。

便利な世の中になったもんです。

 

ではでは。

銅タンブラーなるものを買ってみました。

www.copper100.com

新潟は燕三条にある「新光金属」さんという昭和34年から銅製品を世に送り出しているメーカーさんの銅タンブラーを買ってみました。

4,000円くらいするんで安い買い物ではなかったのですが、素材的には酒器はガラスや陶器の方が銅とかステンレスより好きなので、これまでは避けてきたのですが、まあ勉強も兼ねての購入です。

 

槌目のついた黒いタンブラーを買ってみて、それを冷凍庫で冷やし、夜にハイボールを作って呑んでみました。

ウイスキーも冷凍庫でキンキンに、ウィルキンソンの炭酸水も冷蔵庫でよく冷やしていただきます。

いつもはデュラレックスの厚みのあるグラス(アマルフィという170ccのもの)を、やはり冷凍庫に入れておいて、それにハイボールを作るのですが、今回はグラスの代わりに銅タンブラーを用いてみました。

 

で、結論。ウン、あんまり変わらない(笑)

確かにグラスに比べて縁が薄いので口当たりは良くなりましたが、冷え具合はさほど変わりません。デュラレックスのグラスもそれなりの厚みがあるので、保冷性能は高かったのもあると思います。

 

が、一方で、デュラレックスのグラスは中までしっかり冷えるのに時間がかかるのに対して、銅タンブラーは熱伝導性が優れているので、冷凍庫につっこみめばあっという間にきっちり冷えるという利点があると思います。

 

まー、これから冬になるのであまり出番はないと思うのですが、せっかく買ったのでいろいろ試してみたいと思います。

 

ではでは。

今シーズン最後の「ポロタン栗」を食べました。

皮を剥いたポロタン栗

鬼皮に包丁などで傷を入れ(中の実に届くくらい)、魚焼きグリルで10分ぐらい焼くと渋皮が綺麗に剥がれる栗の品種「ポロタン」を買いました(市内黒川の北田果樹園さん栽培のもの)。

近所の店で今シーズン最後の入荷ということで、一袋(500gくらい?)購入。

 

早速その夜、6月に買ったグリルトレーに傷を入れたぽろたん栗を並べ、15分焼きました。

焼き上げたポロタン栗を取り出したら、「アチアチ」言いながら皮を剥くと、あら不思議、本当に渋皮まで綺麗に取れて丸々太った栗の実が姿を現します。

ホクホクした身を頬張り、秋の味覚を満喫しました。

 

酒は、栗焼酎「ダバダ火振」があれば良かったのですが、なかったのでふるさと納税で手に入れた「黒霧島」の湯割りをいただきました。

tabi-ki.hatenablog.com

 

ではでは。

ステキな方とベアレンを呑んできました。

昨晩はとあるクリエイティブな活動をされ、東北のあらゆる情報に通じた方(女性)とバスセンター内のベアレンさん(ビアバー ベアレン中ノ橋)でビールを呑んできました。

www.baerenbier.co.jp

10年くらい前からの知り合いではあったのですが、きちんと二人でお話しさせていただく機会は初めてだったので、非常に楽しい時間を過ごすことができました。

これまではプライベートでのお付き合いをさせていただいたのですが、今年に入ってから仕事がらみのお付き合いも出てきて、この日も引き続き仕事の打ち合わせをしながら軽く一杯となったわけです。

 

こちらのビアバーで嬉しいのは、雫石工場で醸造されている「トラッドゴールド ピルスナー」と「イノベーション レッドラガー」も樽生で呑めるところにあります。

通常缶で販売されているビールですので、わたしも樽生は初めてでとても美味しかったです。

 

さて、一緒に呑ませていただいた方は本当にユニークな経歴をお持ちの方で、そして冒頭書いたように東北の事情に非常に明るいので(特に食関係)、ものすごくためになる話を伺うことができました。

それ以外にも共通の話題、共通の言語がたくさんあることがわかり、あっという間の楽しい2時間を過ごしたところです。 

 

ではでは。