tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

春近い横手プラザグループ「迎賓」で地酒にまみれる 2019年3月16日(土)-17日(日)

f:id:yu-sa1011:20190316151908j:plain

人生初のちゃんとした横手やきそば

2019年3月,いわゆる「平成最後の」とかいうのに該当する時期の年度末である。

そんな平成最後の年度末,仕事も忙しく落ち着かないというのに旅に出た。旅といっても一泊二日,自家用車でせいぜい100km超移動する,秋田県横手市にて地酒を呑みまくってやろうという程度の小さな旅である。

 

横手といえば,「まんさくの花」の日の丸醸造,「天の戸」の浅舞酒造,「阿櫻」の阿桜酒造をはじめ,堂々6つの蔵がある日本酒の街である。

88,000人の地方都市にこれほど清酒蔵が残り,そして日本酒界で名高い酒を世に送り出しているということは凄いことだ。

 

ということで,冬から春に移り変わるこの時期,さぞかし旨い酒が街には溢れているだろうと思い車を走らせた。

昼食は,市内中心部にある「食い道楽 本店」にて横手やきそばに特製ホルモンを乗せたものをいただく。600円でこのヴォリューム感に圧倒されつつ,人生初の横手やきそばを味わった。

 

過去,どこかの酒場のメニューにあるものを食べたことはあるが,こうしてしっかり地元の店で本場の味を経験するのは初めてだった。

甘めのウスターソース,半熟の目玉焼きのとろりとした黄身,柔らかい角麺がなんとも言えぬ懐かしいような旨さであり,たしかに癖になりそうな横手のソウルフードであった。

f:id:yu-sa1011:20190316153231j:plain

外観もスタイリッシュ

実は今回の旅は横手のホテル「プラザグループ」関係の方の御配慮もあり,事前にスポット情報をいただいていた。

その中のひとつに「高留酒店」があり,せっかくだからと中心市街地から車で10分ほどのこちらの酒屋にお邪魔してみた。過去「rakra」にも登場したことがある店主高橋さんからいろいろ話を伺いつつ,「天の戸 精選純米 生原酒」を2本購入。

この銘柄は地元酒蔵らしく,地元向けとして「精選」と名乗り(おそらく旧二級酒),今に至っているのではないかと思う。ワタクシはというと,「天の戸」といえば“美稲”のイメージが強く,この精選は今まで知らずにおり,つい先日精選があると知って呑んでみたくて仕方なかったのだ。

f:id:yu-sa1011:20190316181437j:plain

秋田の銘酒たち

f:id:yu-sa1011:20190316181644j:plain

貝三種はタイラギ,ホッキ,サザエ

f:id:yu-sa1011:20190316181836j:plain

春のめぐみ

この日の宿は「ホテルプラザ迎賓」という,当地でも最高級の格式を誇るお宿。15時過ぎにチェックインし,部屋で「高留酒店」で買い求めた株式会社羽後麦酒のペールエールとゴールデンエールをいただき,その後アネックス7階の展望風呂で温泉を満喫。

 

湯上り17時,ホテル内の「湯上り海鮮BAR」へ足を運び,「両関 翠玉 純吟」「阿桜 特純 無濾過原酒」「ゆきの美人 純吟 2年古酒」をちょっとずついただき(とはいえ,合わせれば一合半ぐらいあるか),春貝盛り合わせ,蕗と独活の味噌和えをつまむ。

 

清酒は呑み較べセットで1,000円弱,つまみはどれも400〜600円とリーズナブル,かつ食材と調理がしっかりしておりとても美味しい。

f:id:yu-sa1011:20190317093658j:plain

花かご御膳

19時,「迎賓」の2階にある「和蘭(からん)」にて,こちらのホテルグループの経営をされているT氏と会食。ワタクシは御膳を注文し,地元の酒で乾杯。

「山本 秋田ロイヤルストレートフラッシュ」「飛良泉 飛囀(ひてん) 鵠(はくちょう)」「天の戸 美稲 クラシックラベル」をいただく。

地元の旨い酒を呑みつつ,T氏から横手という地方都市開発の歴史をうかがう。戦後の混乱期,横手駅前に土地を取得されホテルグループをこれまで経営されてきたという経緯を興味深く伺い,そして今の横手というまちの現状について教えていただく。

いずれにせよ,食と酒と温泉と自然環境に恵まれた北東北の中央部の横手市のポテンシャルに触れることができた。

f:id:yu-sa1011:20190317144737j:plain

下半分4〜6本目は未完成だった

熱心に日本酒を勉強しているスタッフが作ったという,この日のための品書き。これを見るだけで,グループの人材育成の素晴らしさと組織体制がしっかりしたものではないかと推測できる。

残念ながら6本中3本しか利くことができなかったが,非常に嬉しくありがたく,この紙をいただいて帰ってきた。

なお,未完成部分は会食の際にはしっかりと説明が書き込まれており,この写真は完成前のものを湯上りバーで呑んでいるときに見せていただいたものだ。

f:id:yu-sa1011:20190317094027j:plain

凍てつく横手の夜にバーへ

奥様が外出されているため子どもさんの世話をしなくてはならないというT氏と別れ,一人横手の街に出る。駅から少し歩いたところにある「絆バー」というオーセンティックバーへ。

 

ジントニックが500円と随分安く,先ほどT氏から「横手の物価は安い」と聞いていたからなるほどと感じた。バーテンダーにもそのことを尋ねてみると,やはり同様の答え。普通ジントニックはオーセンティックバーであれば地方都市でも700円,800円はするところであるが,気軽にプロの味を楽しんでもらいたいということで,この値段設定としているという。

 

その後,ギムレット,カリラ12yシェリーウッドフィニッシュ,カリラ12yバーボンウッドフィニッシュと呑み,ポークジャーキーをつまみにもらったが,会計は4,000円ほどと随分リーズナブル。

横手の食文化の話なども聞かせてもらい,客が増えてきたところで店を後にした。

f:id:yu-sa1011:20190317094125j:plain

地酒が旨い

21時半過ぎ,小腹が空いていたのでなにか食べたいと思い駅周辺を歩き,目に入った「和凛(かりん)」へ入店。T氏と会食をした「和蘭(からん)」の姉妹店であり,やはり同じホテルグループが経営する酒場。

 

フードがラストオーダーになるということで,串焼き5本盛りをもらい,「オススメの地酒を」と店員に伝えた。

で,この若い店員が非常に熱心に酒の説明をしてくれる。なるほどなるほどと頷きつつ,先ほどT氏と会食した者で,たしかあなたがセレクトしてくれた酒を呑んだのだ,と伝えると,「そうではないかと思っていました」と言い,にこりと笑って見せた。

 

その後,料理長と酒の話やホテルグループの話や横手のまちの話になって,1時間ほど過ごす。活気のある店,活気のある人,活気のあるホテル。

横手は静かな街だったが,どこか微熱感を湛えている,魅力的な街だった。

f:id:yu-sa1011:20190317145526j:plain

cafe gita

T氏が横手で美味しいコーヒーを呑みたいということでホテル内に設けたカフェ「cafe gita」でマンダリンを呑む。

そういえば,「和蘭(からん)」では牛タンを供していて,それも横手で美味しい牛タンを食べたいということで揃えるようになったとか。安易に外からの輸入や移入に頼るのではなく,自分たちで産品や製品を生み出し,内需によって地域の財を循環させることは,地方都市が生き残るために重要な考え方だと思う。

f:id:yu-sa1011:20190317145625j:plain

カフェラテ

横手は温泉があり観光資源に恵まれているまちだが,温泉に頼るだけではリピーターは生まれない。前の晩の湯上りバーもしかり,熱心に日本酒と向き合う人々もしかり,質の高いコーヒーを出すカフェもしかり,次々としかけなければ都市間競争に破れてしまうのだ。

f:id:yu-sa1011:20190317145801j:plain

完成された一杯

最後に訪れたのは,十文字ラーメンの名店「丸竹食堂」。チャーシューメンは600円で,ほとんど油分のない澄み切ったスープに感激を受けた。超極細麺がスープとの相性が抜群で,あっという間に平らげてしまった。

盛岡も「麺都」と言われることもあるが,横手も立派な「麺都」である。

 

たっぷりのスープも嬉しく,小雪が舞う寒い横手でいただく熱々のラーメンは最高のご馳走となった。

7月にまた横手を訪れる機会がある。それまで,旅の思い出を時折思い返しながら,その機会を心待ちにすることになるだろう。

 

正午過ぎ,秋田道に乗って盛岡へ戻った。