tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

暴風吹き荒れる函館で,美唄焼き鳥と朝市名物小皿料理を食べた(1) 2019年12月14日(土)-15日(日)

f:id:yu-sa1011:20191218142020p:plain

函館朝市どんぶり横丁

「どうも,北海道には室蘭と美唄という地方のやきとり文化があるらしい」と聞いた。

「室蘭やきとり」は,なんとなく聞き覚えがあったが,「美唄焼き鳥」は初めてだ。

というか,そもそも「美唄=びばい」という地名も聞いた覚えがあるようなないようなだった。

 

「で,その美唄焼き鳥は,鶏の内臓のいろんな部位を寄せ集めて串に刺して,それを塩胡椒で焼いて食べるんだよ」とも聞いた。

 

なんだそれ,すごく旨そうだ。

ごくり,と喉を鳴らしてしまった。

 

「ちなみに室蘭やきとりは,やきとりと言っても豚肉で,豚肉と玉葱を交互に串に刺して焼く。で,洋がらしをつけて食べる」とのことだ。

それも旨そうだ,ぜひとも食べてみたい。

 

思い立って,函館へ向かった。

f:id:yu-sa1011:20191218142239p:plain

海鮮を食しに

donburiyokocho.com

 

今年の2月に愉快な旅の仲間たちと函館を訪れていたが,それから10ヶ月後,再び函館の地に降り立った。

今回の旅は,ムスメを連れ立ってやってきた。函館で本物の海の幸を喰いたいか? と尋ねたら,「いいねぇ」と言ってついてきた。

 

なぜ函館か。焼き鳥(やきとり)の話で,なぜ函館なのか。室蘭や美唄ではないのか。

まあ,その話はおいおいするとして,とりあえず函館朝市のどんぶり横丁へやってきた。

お目当ては,2月の旅で入りそびれた「茶夢」という老舗店。

f:id:yu-sa1011:20191218142815p:plain

ずらり並ぶ小皿料理

2月に来た際も,朝からここで呑もうかと思ったのだが,行列をなしていたので,新幹線の時間もあって断念した店。

で,こちら,なによりサービスの小皿料理がすごい。天然鮪刺し,自家製〆鯖が画像左手に見えるが,それ以外の小皿料理がサービスということになる。

 

北海道の地酒「北の勝」をコップ酒の熱燗でもらい,多種多様な小皿料理と刺身を愉しむ。

地元民も目指してくる店ということらしいが,それもわかる気がする。40代ぐらいの女性店員二人で切り盛りしていて,適度に狭くて居心地が良い。いやはや,いい店だ。

f:id:yu-sa1011:20191218143144p:plain

これは珍味「いかのふの粕漬け」

しかしさすが北海道函館。本鮪も〆鯖もレベルが高い。ムスメも「おいしーーーー!」といきなりハイテンション。

13時過ぎということもあり,この日は店内落ち着いており,ゆっくりカウンター席で二人で食事する。

 

ムスメは追加で毛蟹汁を注文し,「うわっ,ナニコレ,今まで食べた毛蟹ってなんだったの」と旨さに驚いている。

どれどれと一口汁をすすってみると,なるほど,毛蟹の濃厚な旨味が溶け出しているが味噌は上品控えめで,飽きのこない味わいとなっている。

 

「お酒にあいますよ」とさらにサービスしてくれた「いかのふの粕漬け」がまた絶品。

「北の勝」をお替わりし,ちびちびつまみながら,この珍味を堪能する。

f:id:yu-sa1011:20191218143536p:plain

松風町菊水小路

さて,焼き鳥(やきとり)の話に戻す。

 

どこかで近くで手っ取り早く「室蘭やきとり」と「美唄焼き鳥」を食べることはできないだろうかと探したが,なかなか見つからなかった。

盛岡はもちろん聞いたことないし,東北一の歓楽街国分町を擁する仙台にもなさそうだった。青森,八戸,秋田あたりもそれらしい店はなく,東北までは進出していないようだった。

 

ちなみに焼き鳥(やきとり)文化は全国各地で独特のスタイルを確立しているらしい。

一般的に「日本七大焼き鳥(やきとり)」とも言われ,美唄・室蘭(北海道),福島(福島),東松山(埼玉),今治(愛媛),長門(山口),久留米(福岡)がそのご当地だ。

matome.naver.jp

 

muro-kanko.com

 

www.zenyaren.jp

 

そうこうして,室蘭に美唄に焼き鳥(やきとり)を食べたいなと思いつつ月日が流れ,函館旅行を敢行する数日前にムスメが「函館に行きたい」と言い出した。

ムスメは,数年前に修学旅行で函館を訪れているのだが,久々にテレビで函館のまちを目にし,懐かしくなったのだという。

 

軽い気持ちで言ったのだろうが,「ちょっと行ってみるか?」と誘ってみたらついてきたわけだ。

早速,函館旅行のスケジューリングをしつつ,宿と新幹線を押さえ,函館の夜はどこで一杯呑ろうかとネットで検索していたら見つけたのだ,「美唄焼き鳥」の店を。

 

さらに調べると,「美唄焼き鳥」は地元ではモツ串と言われるらしく,そのモツ串を函館で提供する店は札幌の名店から暖簾分けされ,開店から2年も経っていないようだった。

 

「海鮮は朝市で味わうとして,夜は美唄のモツ串にしない?」とムスメに提案すると,「いいねー,焼き鳥もいいねー」と賛同してくれ,即座の夜の店も決定した。

 

f:id:yu-sa1011:20191218145645p:plain

待望の美唄焼き鳥

行き先も決まった,宿も決まった,新幹線も決まった,そして函館の目的も決まった。

あとは天気次第だなと思いながら,週末を待ち遠しく感じながら数日を過ごした。

 

こういう経緯で函館にやってきた。

<next>

tabi-ki.hatenablog.com