tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

呑み記028「街中避けて,駅前“木伏緑地”にてクラフトビール」

f:id:yu-sa1011:20210612101514j:plain

盛岡もだいぶ市中のコロナ感染が増え,そして繁華街の接待を伴う飲食店でのクラスタも続き,さらには中心市街地の東側で旅行客があまり入り込まない河南のあたりでも飲食店コロナを聞くようになった。

 

なんだか嫌な感じだなあと思いつつ,2019年にできた“木伏緑地”の「BrewBeast」を訪れる。

こちら,花巻に本店があるクラフトビールの店だが,わりに好んで足を運んでいる。

 

「ヘイジーIAP」を注文し,ホップがしっかり効いたジューシーな味わいを愉しむ。

ランチタイムと夕方の中間ぐらいで,先客たちは店の外の席でビールを呑んだりハンバーガーを頬張ったりしている(ここのハンバーガーもとても美味しい)。

 

わたしが座ったカウンターの反対側にはMacで作業しながらクラフトビールを呑む女性。

すごく決まっていて,スタイリッシュな店内に溶け込んでいた。

 

30分ほど時間をかけて呑み,800円を支払って外へ出た。

少し蒸し暑いけれど,川沿いということもあって気持ちのいい風が吹いていた。