tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

またまたの東京は新橋駅前の居酒屋で贅沢三昧 2022年7月1日(金)

常陸野ブルーイング 丸の内

また東京である。週二度も東京を訪れるなんて初めてのことだ。平日金曜日、10時過ぎの東北新幹線に乗り込み東京を目指す。この日も夏季休暇を一日取得していた。

 

ムスメは17時頃に羽田に到着する予定なので、まだ時間があった。朝と晩にLINEでやりとりしていたので、ムスメが元気でやっていることは知っていた。

 

暑いし喉が渇いたので、東京駅「常陸野ブルーイング 丸の内」でクラフトビールを呑みつつ時間調整をする。

hitachino.cc

 

ペールエール、アンバーエール、クラシックエールと上面発酵のエール3種を呑み比べる。どれもエールらしいコクのある味わいで、ちょっとずつ個性が違う。涼しい店内でのんびりビールをいただく。

想像以上に立派な部屋のホテル

15時にホテルへチェックイン。いつもの「東横INN」ではなく、新橋駅から徒歩数分の初めて泊まるホテルにした。

楽天トラベルから宿泊予約し、貯まっていたポイントを使って一泊8,000円(素泊まり)くらいだった。部屋はちなみに30階。高所恐怖症の人間には辛い(笑)

 

少しホテルで休みたかったが、荷物を置くだけにして新橋駅から都営浅草線に乗り込んだ。

「まごころ いし井」へ

羽田空港でムスメと合流し、新橋駅に戻る。ホテルに荷物を置いた後、新橋の夜の街へ繰り出す。そこらじゅう人だらけで、コロナ禍なんてなかったかのような活気に満ちている。

目に飛び込んでくる酒場はどこも人で一杯で、東京でコロナ陽性者が増えているというのもわからなくもない気がしたけど、恐れてばかりでは経済が死んでしまうから、痛し痒しといったところか。

 

この日目指したのは「まごころ いし井」という酒場。コロナで社会がこんなことになる前に、一度訪れようかと計画したことがある店。そのときは席が一杯で入れず断念したという経緯がある。

ので、この日数年越しの念願が叶うということになる。

www.umazake0141.com

tabelog.com

お通し二品

さて、雑居ビルの3階にある「まごころ いし井」は、照明を落として薄暗い店内だが、酒や料理が映えるようにとライティングに工夫がされていて、料理の盛り付けの美しさが際立つ。

 

こちらはテーブルチャージ1,000円で料理が二品供されるのが基本。この日はメカブを乗せた豆腐、じゅんさいと糸もずくの土佐酢となっており、目にも涼しげ。

 

「サッポロ黒ラベル」の小をもらい、まずはぐいっと呑って喉を潤す。

燻製玉子とベーコンのシーザーサラダ

こちらの店は燻製もウリのようなので、燻製玉子を使ったシーザーサラダを注文する。

薫香が効いた玉子も旨いが、ごろりごろりと入った厚切りベーコンが、これまたしっかりした食感で酒のツマミとしてとてもいい。

 

酒は、生ビールに続いて減圧焼酎「豊永蔵」をロックで。相変わらずの柔らかさで、味わいが伸びる伸びる。すいすいと呑める一杯。

刺身五点盛り

刺し盛り二人前は、左から太刀魚炙り、アオダイ(グラスに乗っているもの)、鰹、〆鯖、真鯛昆布〆となっている。

なんとも目に鮮やかで、そして盛り付けのセンスも素晴らしい。

 

(ちなみにですが、「まごころ いし井」の料理の写真はすべてムスメが撮ったものです。わたしよりちょっぴりだけ上手なので、写真を借りて載せています 笑)

 

そしてどの魚もとても美味しい。特に驚いたのアオダイ。初めて食べる魚だが、調べてみたら高級魚のようだ。むっちりとした食感、しっとりとした脂の旨味、そして鼻を抜けるクリーミーな香り。素晴らしい。

 

香ばしい太刀魚、鮮度抜群の鰹、脂乗り抜群の〆鯖、旨みが凝縮された真鯛昆布〆と間違いなく一級品である。

酒盗クリームチーズ

「風の森」を一合いただき、鰹酒盗クリームチーズを和えたものをちびちびつまむ。次の料理のつなぎとして注文したが、いうまでもなく日本酒との相性は最高。

風の森

なお、こちらの店、日本酒を片口一合で注文すると盃を選べるのだが、ムスメにも「お好きなものをどうぞ」と勧めてくださっていたが、当然未成年なのでお断りした。

ムスメは高校二年生なのだが、大人っぽく見えるのかなんなのか、いつも成人と間違えられ相応の対応をいただくことが多い。最近ではムスメも「いつものことだしー」と気にせず子どもなりの大人の対応をするようにしている。

アイナメ酒蒸し

酒蒸しの仕上がり

さて、店内はあっという間に満席になり、そのためもあってか厨房もフロアも大忙しで、だいぶ待ってから、ようやくアイナメの酒蒸しが到着した。つなぎの酒肴を注文しておいて良かった。

 

アイナメは、生の状態だとしっとりとした身の質感。それを酒蒸しするとふわふわほくほくとなり、箸で持つとほろり崩れる。それを二種類のポン酢でいただくのだが、これが絶品。

酒で蒸すことで身は柔らかく火が通り、甘みが強く感じられる。そして、敷かれた白菜がまた甘い。

アイナメしゃぶしゃぶ

美しいアイナメの身

アイナメのしゃぶしゃぶ、と立て続けにアイナメをいただく。アイナメは、半生も美味しいが、しっかりと火を通した方が美味しい。ぎゅっと旨味が引き締まって、食感とあいまってメリハリがつく。

 

にしても、アイナメと野菜をしゃぶしゃぶする出汁が美味しい。紙鍋の出汁を飲みたくて、れんげをもらい、ムスメと奪うようにして出汁も残さずいただく。

復活した光栄菊

酒は2019年に復活した佐賀の蔵が醸す「光栄菊 白月 無濾過生原酒」を。爽やかな香りと味わいで、白身魚と野菜によく合う。近年人気の一本、蔵で、わたしは初めて呑んだ。これはいい、今後も見つけたらぜひ呑もう。

jp.sake-times.com

〆の蕎麦

その後、東京都青ヶ島の「青酎」、三年古酒「くら」などを呑み進め、いい感じで酔っ払うと、忙しくフロアで働いていたオーナーの石井さんがテーブルに近づいてきて話しかけてきた。

 

「料理長は昼間は実家の蕎麦屋で働いているんですが、そのおかげでウチの店は出汁が自慢です」とオーナーの石井さん。道理でしゃぶしゃぶの出汁が絶品だったわけだ。

 

「一日五食限定で、料理長の実家の更科蕎麦を御提供できます」とのことなので、蕎麦もいただく。

と、この蕎麦が素晴らしく美味しい。香り、喉越し、食感と〆にいただくに最高の一枚。

「蕎麦つゆがすんごく美味しい。変な甘ったるさがなくて、キレがいい」と蕎麦通のようなことを言うムスメ(笑)

 

ということで、サラリーマンの聖地新橋にて、素晴らしい酒場「まごころ いし井」にて、文字どおり真心のこもった料理・酒・サービスを楽しみ、大満足してホテルに戻った。

さすがにムスメは疲れが溜まって眠そうで、「シャワー浴びたら、ソッコー寝るから」と目を擦りながら言った。

 

おーー、とわたしは答え、コンビニで買ってきたウイスキーの水割りを呑みながらYoutubeを観ていたら、いつの間にか眠りに落ちてしまっていた。

涼しいホテルの部屋は快適で、そのまま寝ていたかったけど、シャワーを浴びたムスメに「ベッドで寝なよーー」と起こされたので、真っ白清潔なベッドに身を預け、完全にブラックアウトして朝までぐっすり眠り続けたのであった。

 

仙台→東京→東京の旅は、ここでようやく終わった。いい旅の連続、旅は本当に素晴らしい。コロナに負けず、これからも社会が回り続けて欲しいものだ。

 

<おわり>