tabi-ki47

旅をする。赴くままに旅をして、通りがかった暖簾をくぐり、カウンター席で酒を呑む。※コロナで旅ができないので、昔の旅についても載せることにしました。

人形町甘酒横丁「笹新」にて酒場の真髄を体感した晩秋の夕暮れ時 2022年11月30日(水)

人形町は甘酒横丁の老舗名店「笹新」

11月30日。もう12月になるというのに、東京は蒸し暑かった。気温は20度を上回り、半袖姿で歩く人すらいた。

朝の気温が氷点下を下回り始めた北国・盛岡から上京したわたしは、高めの気温を見越して薄着で来たつもりだったが、それでも暑くてじっとりと汗をかいてしまった。

 

今回は出張で東京を訪れており、本来用務は翌日12月1日の朝一番となっていたので、夕方に東京入りしていた。

tabi-ki.hatenablog.com

一緒に出張となっていた上司が一番遅い新幹線でやってくるというので、早めに東京に到着したわたしは、馬喰町の東横INNにチェックインし、薄暗くなり始めた人形町へ向かい、お目当ての「笹新」へ辿り着いた。

こちら、16時から開店しているらしく、到着した時点ですでに店内の半分の席は先客で埋まっていた。

おすすめの品書き

「一人です」と人差し指を一本立てながら告げると、カウンター席を進められ、そちらに腰掛けつつ「沢の鶴」の大徳利(900円)ぬる燗。それときじはた刺し(950円)と真鰯土佐酢がけ(750円)をください」と間髪入れずに伝える。

 

ほどなくして出てきた「沢の鶴」のぬる燗は、ほんのり甘く、そしてすぱりと切れる。

しかし、こういう東京の老舗酒場で供されるナショナルブランドの日本酒はなぜかとても美味しい。「地酒ブーム」などとも言われ、ここ20年くらい地方の小さな蔵が醸す個性的な酒にスポットが当てられ、大量生産・大量流通の大手の酒は一方でどこか軽く見られる傾向にあるように思われるが、こうしてきちんと向かい合ってみると、さすがの技術力というのだろうか、品質管理力というのだろうか、安定的・長期的に美味しい酒を醸している大手のメーカーには、大手なりの良さがあることがわかる。

 

「菊正宗」「剣菱」「月桂冠」「大関」「松竹梅」、そして「沢の鶴」など、いわゆるローカルとは縁遠い酒も、しっかり安心価格で呑ませてくれるのが、東京の酒場という印象だ。

 

さて、この「笹新」は、大正4年に酒屋として商売をはじめ、その後居酒屋も経営することになったという歴史ある酒場であり、人形町いや日本橋界隈でも屈指の名店と言われている。

そう考えると、16時開店に並んで訪れる客がいる中、17時半ぐらいに座れたことはコロナ禍であるとは言っても、運が良かったのかもしれない。

きじはた刺身

さて、目の前で調理された肴が供され、ますます「沢の鶴」が美味い。きじはたの刺身は、さすが高級魚だけあって上品かつ奥深い味わいで、一切れ一切れ満足度が高い。

なお、卓上の醤油はキッコーマン。いわゆる千葉は野田の伝統ある醤油である。亀甲萬と書いて、キッコーマン。こちらも安心の味わい。刺身によく合う。

真鰯土佐酢がけ

真鰯はたっぷりの薬味とよく混ぜ合わせていただく。きのこ類、茗荷、パプリカなどなど色鮮やかな付け合わせの薬味と脂の乗った真鰯に土佐酢がよく合い、ますます「沢の鶴」がすすむ。

 

なお、この店は写真撮影禁止ではないが、他の客などが映り込まないようにするというのがルール。他の客も、ルールをわかって手元の料理や酒を至近距離で撮影している。

店内の雰囲気はというと、大きめの声で会話する二人組がいる以外は、他の客たちは静かに酒と肴を楽しんでいる。酔ったせいもあるだろうが、声の大きな客はどこにでもいて、度を越さなければ酒場らしい雰囲気といえば雰囲気にもなる。

臥龍

「沢の鶴」を呑み干したので、久々に呑んでみようと「臥龍梅」の小徳利をもらう。全国の地酒は、大徳利1,300円、小徳利750円、グラス600円となっている。

爽やかな甘みと香りが、とても好ましい酒であり、やはり美味い。

名物のポテトサラダ

名物だというポテトサラダは350円。素朴・質素な味わいで、とても懐かしさを憶える。ハムやベーコンではなく、刻んだ魚肉ソーセージが味わい深さを演出しており、派手さはないが、しみじみと美味しいポテトサラダ。決して酒の味わいを邪魔しない。

これは名物と呼ばれるに相応しい、王道の酒肴である。

まぐろ皮ポン酢

口寂しくなって、まぐろの皮にポン酢(500円)をかけた珍しいツマミを注文してみる。こりこり、ぷにぷにとした食感の鮪の皮は、当然だけど鮪のアノ食欲が湧く少し動物的な匂いがしており、それがまたいい。

 

ほんの少しの脂を「臥龍梅」で流しながら食べ進めると、これがまた恍惚となる旨さ。酒場のツマミとしては、まさに一級品。

 

さて、と。

どストレートの刺身(きじはた)、酢のもの(真鰯)、惣菜系(ポテトサラダ)、珍味系(鮪皮)と来たから、そろそろ焼き物や煮物に行きたい気分になってきた。

酒も次の一杯をチョイスし、もっともっと「笹新」の核心に触れていきたいと思ってきた。

 

が、なんと、遅く東京入りするはずだった上司から連絡があり、「早めに着いたから、これから一緒に呑もう」ということになった。

いたしかたなし。上司の申し出を無下に断ることなどわたしにはできない。

 

会計をすると4,000円ちょっとととても安い。このあたりも下町酒場の良さでもある。

心残りはあったが、会計をして後ろ髪引かれながら店を後にする。暗くなった人形横丁を離れ、上司が待つ東日本橋方面へいそいそと歩いて向かったのであった。

 

<おわり>